サトウ機工株式会社のホームページへようこそ!
当社は、倉敷市の水島コンビナートを拠点として、発電所・製鉄所・各種プラント設備の定期点検工事から各種メンテナンス工事を中心に事業展開しています。
また、2010年に創立40年を迎え、これからの時代を見据えて、新たに「環境創造事業部」を設立し、 2007年12月に改正した食品リサイクル法への対応にお困りの業者様のサポート事業を開始致しました。 何卒、よろしくお願い致します。
展示場詳細・ご予約はこちらから

環境のための法規制に対応していますか?

日本全国で発生する食品廃棄物は、年間2,000万トンにも及びます。私たち消費者は、できるだけ廃棄物を少なくする努力を行い、各事業者はリサイクル環境を整え、膨大な食品廃棄物を再利用できる環境づくりを行うことが求められています。

「食品リサイクル法」において、外食産業などから出た【余剰】(=食べ残しや売れ残り)を飼料や肥料にして農業生産者が農畜産物を生産し、それを再び外食産業が購入する仕組みである「リサイクル・ループ」が推奨されています。
2007年12月に改正された食品リサイクル法では、一律20%であった食品廃棄物のリサイクル率の目標値が、業種別に、最低でも40%にアップしました。「大量生産・大量消費・大量廃棄型社会」から「循環型社会」へシフトするために、抜本的な対策が求められています。
食にまつわる様々な施設(食品工場、レストラン、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホテル、給食センター等)が対象になります。 こうした再生利用への取り組みに対応する各種環境機器を取り揃えています。当社展示場にてデモ機をご覧頂けます。

食品リサイクル法に対応する環境機器を取り揃えています!

改正された食品リサイクル法で決められた食品廃棄物のリサイクル率の目標値を達成する手段は、「発生抑制」「再生利用」「熱回収」「減容」の4種類になります。
当社では、「再生利用」と「減容」に対応する【包装食品資源分別機 ゴミ分けるくん】、「減容」に対応する業務用生ごみ処理機【食品資源リサイクル機器 マジックバイオくん】、生ゴミ処理時に発生する「臭い」に対応する【触媒式脱臭装置 DEO(デオ)】等の環境機器を取り揃えています。

電解水衛生環境システム

詳細はこちら!
水道水に含まれているカルキや有機塩素化合物、臭気、チリ、ゴミ等を軟水器とフィルターを通して徹底的に除去。この水と塩水を電気分解することにより、「強アルカリ性電解水」と「強酸性電解水」が生成されます。老人ホーム、保育園、病院、ホテル、レストラン、温泉施設など、衛生管理を求められる様々な施設・場所で電解水が活用頂けます。

 

詳細はこちら!

食塩水を電気分解して生成されるのが電解水。 『守る水』はこの電解水を使い、洗濯や掃除などを含めた、施設の衛生管理を行うシステムです。

ESS-ZEROは、電解水を貯水しない「初めてのタンクレスタイプ」。 そのおかげで、ESS-100と比べ半分以下のサイズにまで縮小することに成功しました。

水素水サーバー

詳細はこちら!
アルカリイオン整水器で溶存水素濃度および酸化還元電位を増加させると、pH値も増加して飲用に適さない水になります。その点、本水素水サーバーでは溶存水素濃度をできるだけ高め、なおかつほぼ中性の水素水を作ることができました。

展示場のご案内

ESS-ZEROデモ機.JPG
ESS-ZEROデモ機.JPG
水素水サーバー.JPG
水素水サーバー.JPG
展示場は、予約制とさせて頂いています。
(月〜金 9:00−17:00/土日祝は要相談)
ご予約希望の方は、予約フォームよりご希望日時をお知らせください。折り返し、担当者よりご連絡致します。

<展示場住所>
倉敷市南畝6丁目9番26号
展示場詳細・ご予約はこちらから