ホーム >  製品紹介  >  食品資源リサイクル機器 マジックバイオくん
食品資源リサイクル機器 マジックバイオくん
閲覧数:3785

森が落ち葉に埋もれてしまわないのは、土の中に生きる微生物が落ち葉を’食べて’くれるから。1gの土の中には1憶を超える微生物が生息し、落ち葉や枯れ枝、昆虫や動物の死骸などの有機物を分解し、植物の成長に必要な栄養素を生成しています。小さな微生物が、森の資源循環の中で大きな役割を果たしているのです。
「こうした自然界の微生物の働きを、環境機器に利用できないだろうか?」
そんな着想から生まれたのが、有機物分解用バイオ資材『バイオテック・ユーサノ』(特許取得済)です。自然界の土に生息する微生物から選出し、特殊培養した資材です。このバイオ資材を利用した食品資源リサイクル機器がマジックバイオくんです。生ゴミに含まれる有機物を、水蒸気と炭酸ガスなどに分解し、数時間で生ゴミを大幅に減容。毎日発生する大量の生ゴミを、効率良く処理できます。

数ある生ゴミ処理方式の中でも、マジックバイオくんは、「バイオ式」と呼ばれる処理方式を採用しています。



病院やスーパーから出された生ゴミです。 マジックバイオくんに生ゴミをいれて、運転ボタンをおします。 生ゴミは、まだ目に見える状態で残っています。 生ゴミが目に見えないぐらいの大きさになりました。中の温度が上がって、少しずつ蒸気がでています。 ここから【バイオ菌】が生ゴミを分解します。水分もどんどん蒸発して、炭酸ガスと一緒に空気中に出ていきます。

投入された生ゴミは、槽内での撹拌によって細かく破砕された後、バイオテック・ユーノサによる有機成分の発酵分解へ。生ゴミの主な成分である米・パンなどの「炭水化物」、肉・魚などの「たんぱく質」、野菜類などの「繊維質」といった有機物を一括で分解し、大量の生ゴミも効率よく処理します。と同時に、装置は使い勝手の良さを重視した簡単設計を実現しました。

運転前にタッチパネルで稼働モードを選ぶだけの簡単操作、日常的なメンテナンスである残渣の取り出し頻度の少なさなど、余計な手間がかかりません。





バイオの力で生ゴミを分解し、減量することができます。
・炭水化物 ----- パン、麺類、ご飯など
・繊維質・セルロース ----- 野菜、果物など
・たんぱく質 ----- 肉、野菜など
・脂肪 ----- 動物性脂など


粉砕性能を持ち合わせた撹拌機構が、生ゴミをおよそ1時間内に細かく擦りつぶします。迅速かつ理想的な発酵分解に不可欠な高い破砕性能を、撹拌機構が備えています。(特許第3140621号)


自社のバイオ菌体(バイオテックシリーズ)は、有機物を分解するときに生成される悪臭の元となるメタンやアンモニア、有機物などの生成を最小限に抑えます。その上、脱臭装置を標準装備していますので、気になる臭いを出しません。


生ゴミをすぐに処理できるので、いつも清潔な環境を保てます。


お客様のご要望により、きれいにオリジナルデザインを施します。イヤなイメージのつきまとう生ゴミ処理も、デザイン効果で楽しい演出が可能です。
(注:別途料金となります。)


生ゴミを投入してスイッチを押すだけ。
あとはマジックバイオくんが全て自動運転で処理を行ないます。


※無機質にあたる成分は、撹拌槽の中に蓄積されています。
※肉や魚ばかりなど、偏った投入を行うと処理能力が低下します。
1種類の投入量は、最大投入量の30%以内にしてください。
※生ゴミ投入の際は、水気を切ってから投入してください。過剰な水分はバイオテック・ユーノサの劣化を招きます。
※タバコの吸殻やつまようじ等、生ゴミにどうしても混入してしまうものは最小限に抑えてください。
※脂肪分の処理には時間がかかります。(大量投入はできません。)
※凍ったものの投入は控えてください。


展示場詳細・ご予約はこちらから

プリンタ用画面
友達に伝える

前
包装食品資源分別機 ゴミ分けるくん
カテゴリートップ
製品紹介
次
触媒式脱臭装置 DEO(デオ)